携帯電話料金の「値上げ」ニュースについて

ガジェット関係

菅総理の自民党総裁選への不出馬で、
東京市場では株価が軒並み急上昇しました。

日経平均株価も一時期30,000円を超えた模様です。
→昨年の3月、コロナ禍が始まるころに株価が大下りしましたが
その時に買っとけばよかったです。(後悔)
でも、後の祭りですし、未来の事なんて判りませんし(大爆)

もう一つの目玉(?)は
・菅総理“退陣”で携帯「値上げ」
ですが、これはキャリアショップの格安プランが出た
今年3月の2年後、
つまり2024年の3月頃が考えられるそうです。
→2年おきに携帯買い換える人が多いため、そのタイミングを
狙ってかな?

キャリアショップに勤務していますが、格安プランに変更手続き
(手数料かかりますが)される方も多いです。
→学生や30代くらいの夫婦とか

でも、60~70代くらいの方で格安プランを
契約される方はほとんどいません。
それは、格安プランはオンライン専用プランで、何かあった時に
周りに聞く人が居ないこと
(子供さんは独立して別居されている
方が多いです)。

それと、
「はじめてスマホプラン」のような格安プランがあり
それはショップのサポートが受けられること。
ですね。

年配の方は、ガラケー(それも3G)が多く、
いわゆる「マイグレ」すると、携帯電話本体価格も0円~
となり、料金プランも格安です。
パケットは上限1Gですが、それを超えても128Kbpsで
繋がるので、ニュースをみるぐらいならば不自由しない。

例えば、「はじめてスマホプラン」ならば
・1年目
パケット上限1G、5分以内通話無料・・・1,078円
・2年目
パケット上限1G、5分以内通話無料・・・1,628円

カケホーダイは、1,100円プラスです。

あまりネットしないとか、電話はそこそこ掛ける、
という方ならばこれで十分だと思います。

でも、時々、「AQUOS R6」にオプションてんこ盛り
そしてタブレットご契約
、とかの有料顧客も
おりますので、ありがたいです。

宜しければクリックお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村 ヒロのガジェブロ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました